社会での実践力を身につけられると評判の通信制高校

通信制高校は優秀な人たちも多い

人によっては落ちこぼれのイメージを抱いていることも多い通信制高校ですが、私は実際に通ってみてとても優秀な人たちも多いということが分かりました。
通常の高校は受験というひとつのハードルが設けられています。
これはつまり、同じレベルの学力の子たちをひとつの場所に集めるということです。
長く学校生活を送ればそこでまた成績に差は生じてきますが、結局地頭の良さに大差はないということになるでしょう。
これからどんどんグローバル化していく社会の中で、あらゆる価値観や考え方を受け入れなければならないというのに、この高校受験のシステムは果たして今のままで良いのだろうかと疑問を抱きます。
その点、通信制高校は海外の優秀な大学のようなシステムだと感じました。
もちろん卒業のハードルは海外の大学に比べて遥かに低いものですが、そこで交わされる特殊な学校生活のコミュニティというのは様々な気づきを与えてくれます。
あらゆる事情を抱える人たちが通信制高校に転入、あるいは編入してきます。
卒業のために与えられる課題は必要最低限のもので、そこさえクリアできれば、生徒たちはそれぞれ自分の能力を磨いたり、好きなことに没頭することができます。

通信制高校は優秀な人たちも多い通常の高校は自立性の教育に欠けている自分でスケジュールを立てて遂行する能力を磨ける

通信制高校通信制高校のルネサンス高等学校